読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地雷原

地雷を踏むとデッキが二枚削れるので注意しよう

今更カード考察 電源ノイズの逆襲編

管コレ

核出た記念&第三弾が以下略。

ドール
  • イルザ・フリージンガー

大抵のドールを殴り倒せるパワー2に反撃を受けても早々落ちない抵抗3が付いた、とにかく殴り合いが強い娘。
大抵の場合、超能力を起動する暇があるなら殴ったほうが早いだろう。

ツリ目金髪ツインロリとかいう属性の塊。CV小林ゆうが層に響く。
ライブラリーデッキのフィニッシャーになりうる。出すタイミングの判断が難しい。
核付けてテスラ連打すれば対処不可能のワンショットキルができるが、現実的かどうかという点に目を向けると頭がおかしくなって死ぬ。

  • 高槻姫

オタサーの姫
コストが重いドールの超能力を無理やり使うための娘。姫アンナとか姫アリシアとか、小菊経由でテスラ連打するロマン砲など、夢に溢れている。

  • 小菊

全パラメータが2というバランスのいい娘。開放コストも各一枚。バランスの良い小菊選手
高コストのアシストカードを躊躇なく投入したくなるが、解放に三枚必要なのは割と重いので、超能力はサブと割り切って高めのパラメータを生かして殴ったほうが強いだろう。

  • リディア

クレアのバッタモン妹。パラメータと開放コストが一緒。効果もそっくり。
つまり同じような運命を辿るのだった。

  • ElectricAngel結月

超可愛い、天使か。天使だ。
パラメータ合計値7かつ回避4という戦闘力の高さが魅力。ドールを回収することで息切れを防いでくれるのもありがたい。

  • BIG MAMA Lv1

セキュリティを書き換えてアンナ様で焼いたり、何かしら書き換えて超能力を1ターンだけ解放したり、色々考えが浮かんできては消えていく。

  • メイド式桜子

歩くバンダイン。レディ待機は殴り合いで有利に見えるが、現実は「抵抗上回ってるんで先に殴られても死にません」や「白ロムセイバー」などの無慈悲な言葉が飛んでくるのだった。

  • 林杏

パラメータ合計値7でバランスも良い。君はこのドールを強化して殴らせても良いし、超能力を使わせても良い。ただ強ドール。

  • 聖羅 Light

超能力デッキをメタるドール。しかし、ゲームを決めうる超能力持ちは封じられてもパラメータが高いので殴ってくるのだった。そもそも対策カードはサイドから以下略。

  • 秘書用ナンシー

Ωと組んで悪さしてたのでエラッタされた娘。反撃を気にせず殴りかかれるようになるが、抵抗1に回避0というサンドバッグっぷりが足を引っ張る。

  • 黒ノ玉子

CT管に使い勝手の良すぎる超能力が付いたらイカンでしょという例。発売当日に禁止指定され、その後エラッタされた。

リソース
  • リフレクティングシート

殴ってくる奴らは大抵GPUが付いていて抵抗3になっているので2枚積んでもこれだけでは落ちてくれない。

  • ハイトルクサーボ

ワークできないというデメリットはあるがパワー+2は強い。ビートダウンデッキならとりあえずこれを入れるところから考える。

  • エクスペンデットメモリ

追加でリソースが付けられるようになる。実質的に1枚しか増えないし、こんなの入れる枠があるのかと言われると口を閉ざすしかないのだった。

  • エレクトリックトラップ

この前の大会後から微妙に注目され始めてる。時代が追いついた。
これ1枚で相手のカード2枚と交換になる。強い。

アシスト
  • ダムベース

墓地回収。フォローを許容してくれる良いカード。どんなデッキにもとりあえず1枚。

  • Zダム

レディ状態で出るのでワークすると0APで1体増える計算になる。APを産む機械にしたり、核コンボの頭数にしたり、トラップ付けて自爆したり小回りが利いて隙が無い。

  • ダルマン

唯一のバーンカード。奇襲性の高さが魅力。だいたいアンナや結月対策として入れられるだろう。

  • クラウス

シルダーと対になる子。ロック性能は向こうの方が上なのでこちらは全くと言って良いほど使われない。